高齢者疑似体験

高齢者疑似体験

12月13日(金)
 東村山市社会福祉協議会,東村山市西部地域包括支援センターの方やボランティアの方,そして多くの保護者のご協力を得て,高齢者の方が日常生活においてどのような感じ方をしているのか体験をしました。
 手足や服におもりをつけたり,視野が狭く実際と違う色に見える眼鏡をかけたりしました。そして,片手を固定して様々な動きを行ってみました。
 お年寄りの立場に立って身の回りのことを考えたり,気が付いたら手伝ってあげたいと感じたりしているようでした。相手の立場になって物事を考えられる子供たちに育ってほしいと願っています。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional