女子アイスホッケー代表選手来校

女子アイスホッケー代表選手来校

7月19日(木)
 2018年冬季五輪平昌大会に,日本代表として姉妹で出場した床亜矢可,秦留可選手の二人をお迎えし,座談会形式での講演会を行いました。
 アイスホッケーを始めたきっかけ,よかったことや失敗したこと,オリンピックの思い出など,予め子供たちから募集した質問をもとに,二人の先生の司会で進めました。
 実際にユニホームや道具なども持って来て頂きました。一人の先生が代表でそれを身に着けたり,子供たちに回して触れさせたりという経験も出来ました。
 姉妹は富士見町に住んでいるので,子供たちはとても身近な思いでオリンピアンの話を聴いていました。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional